人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは個別記事のページです]
2005.11.24
これも愛それも愛みんな愛 その2

つづき

<ケースその2  喫茶店のお姉さん(推定30歳・人妻)の愛>
同じく野宿旅のこと。足をくじいて、ビッコを引きながら歩いて着いたのは道東、オホーツク海に面した釧網本線の某駅。ここは無人駅だ。今日はここで寝よう。夜の楽しみ。ビールとおつまみ。駅待合室のベンチでひとり思いに耽りながらプルトップを開ける。
終電も過ぎ、寝る体制に入ろうとシュラフカバーを広げていると駅に隣接している喫茶店から女の人が出てくる。「あのー、ここの駅での寝泊りはお断りしているのですが・・・」申し訳なさそうな顔でいうお姉さん。年上の落ち着いた感じのする女性だ。俺が「そうでしたかそれなら外に出ますね。」と言ったら「あっ、 でも外は雨ですし、本当はダメなんですけど、いいです。大丈夫です。」ニコッと笑う。笑うとエクボができてカワイイ(ほのかな恋心)。
付け足すように「ただ、今から鍵を閉めるので、朝7時まで外のトイレが使えなくなるのですが・・・」「あっじゃ今すぐ用を足してきます。」そして朝までトイレはガマンと心に誓いベンチに戻るとお姉さんはいなくなっていた。夜遅くに雨の中、路頭に迷わず済んだ。あーよかった。
シュラフカバーに潜り込み寝る体制に入る。するとカチャッとドアの開く音。するとお姉さんが私服になり、お盆の上にコーヒーとクッキーを運んだ来てくれた。「あっ、寝てました?ごめんなさい。あのう、出がらしで申し訳ないのですが。良ければ召し上がってください。」「うおーっ、お姉さん好きだー」L・O・V・E・あいー・愛・アイ。またエクボを作って微笑みながら「飲み終えたらそこに置いておいてください。それではおやすみさい。」
コーヒーは焙煎したちゃんとしたコーヒー。砂糖、ミルクはティースプーンの横に銀紙でくるまれてあり、クッキーも5枚ぐらいあった。シュラフから半分でて、暖かいコーヒーとクッキーをいただく。シャッターは閉まり、お姉さんは車で帰宅したようだ。
静かな駅待合室。耳を澄ませばオホーツクの潮騒が聞こえる。お姉さんのエクボの笑顔を思いニヤける。コーヒーを持ってくるとき左の薬指には指輪があった。お姉さんが人妻でなかったらきっと俺は恋に落ちたことだろう。
あくる朝、、空のコーヒーカップの横にメモ紙に「昨晩はありがとうございました。コーヒーおいしかったです」と書き、駅を後にする。お姉さんのエクボを思い浮かべたら足の痛みはなくなっていた。野宿LOVE。

1、2のケースで僕は年の差、倫理観の問題で恋は実らなかったが、野宿がきっかけの恋愛は十分可能性のあることだと思う。僕もいつか野宿で出会った彼女と一緒にシュラフにもぐって夢をみたい。

(北海道在住・KSさん)

がんばれKSさん!実れKSさん!

もしかしたらこの世界は野宿LOVE(親切)で満ち満ちているのかもしれません。
野宿LOVE(親切)経験者さんはどしどしお便りください。
お便りはもれなく勝手にブログに載せられます。(編集部)


[最関連記事]原稿を書きたくて書きたくて仕方ないみなさまへ →
4号、作りはじめます。 だいたい今まで、作りはじめようと思い立ちだらだらすること2ヶ月、 あわてること10日間で『野宿野郎』は完成しております。 その計算でいきますと、いまから始めれば、まあ1月にはできあがることでしょう。 原稿の締め切りはひとまず12月末日と...

▼その他の関連記事
原稿を書きたくて書きたくて仕方ないみなさまへ
4号、作りはじめます。 だいたい今まで、作りはじめようと思い立ちだらだらすること2ヶ月、 あわてること10日間で『野宿野郎』は完成しております。 その計算でいきますと、いまから始めれば、まあ1月にはで...

曲をつくりたくてつくりたくて仕方ないみなさまへ
4号の製作はただいま牛の歩みで進行中です。 昨日、「野宿LOVE」をテーマにラップの作詞・歌唱をしてくれる 野宿界期待の新人ラッパーさんが現れました。 つきましては、その詩に曲をつけることができるラッ...

これも愛それも愛みんな愛 その1
4号の特集のようなものに難航している編集部にこんなお便りが届きました。 ああ、すばらしきかな野宿愛。どんなんでも愛。 残念ながら僕はハートマークが飛び交うような野宿経験がありません。今も36歳独身、彼...

これも愛それも愛みんな愛 その3
現在、牛の歩みで製作中の4号ですが、その特集のようなもの「野宿LOVE」に絡んで、3号で大募集した「野宿合コン参加者さん」に、「自分は野宿や放浪好きの異性とでないとまともにお付き合いができないと悟りま...

嗚呼よかった。4号、出来ました。
4号、やっとこさ出来ました。 というお知らせも遅れ気味の今日この頃です。 かなりの難産だったこの4号、 前号から8ページ増量で100円の値上がりという、 かなり強気のお値段なわけですが、 今号のお題の...

愛がなんだ。5号作り始めます、のお知らせ
4号完成後も、特集のようなもの「野宿LOVE」に囚われ、 「野宿デート、野宿デート」と言い続けて、はや数ヶ月。 異性と一対一の野宿(=野宿デート)をすべく、 強引なお誘い、強引な野宿行動に走っていた訳...

←これも愛それも愛みんな愛 その1
これも愛それも愛みんな愛 その1
4号の特集のようなものに難航している編集部にこんなお便りが届きました。 ああ、すばらしきかな野宿愛。どんなんでも愛。 残念ながら僕はハートマークが飛び交うような野宿経験がありません。今も36歳独身、彼...
|
| 野宿野郎グッズ:たき火コンロ(そ…→
野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その1)
 今度はウッドバーニング・クックストーヴの記事を書こうと思っていろいろ調べていたのだが、前にもセルフインフレータブル・マットなどとカタカナをずらずら並べていたのを思い出してちょっとうんざりしたので、な...

よいのです。NOJYUKU IS LOVE。LOVE IS NOJYUKU。野宿イージーラヴです。本誌のほうはぜんぜん大丈夫ではありません。ブログはみなさまのお便りでじゃんじゃん更新いたしましょう。来たれ、お便りさん。

 名前:   メールアドレス(非公開)
 ウェブ:
     
      画像の半角英数字を入力して投稿してください。




 


ホームページ
野宿野郎 もくじ | 取扱店 | あゆみ | 会社案内 |
ノジュスタグラム | アクセス状況
野宿野郎アンケート
メール送信
野宿野郎インターネット直売所
野宿野郎なう | 野宿ニュース | 野宿野郎ニュース
オフィシャル公式マップ | マップログ
すばらしき野宿野郎リンク
野宿野郎ウェブログ
サイトマップ…
これも愛それも愛みんな愛 その2
 └ 投稿者:かとう - 2005.11.24
 └ コメント:かとうさん - 2005.11.27