人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは個別記事のページです]
2005.11.23
これも愛それも愛みんな愛 その1

4号の特集のようなものに難航している編集部にこんなお便りが届きました。
ああ、すばらしきかな野宿愛。どんなんでも愛。


残念ながら僕はハートマークが飛び交うような野宿経験がありません。今も36歳独身、彼女なしです。
でも、野宿経験者だったら誰もが体験すると思われるいろいろな愛(親切)を受け取ったことはあります。

<ケースその1・立ち食いそば屋のおばちゃん(推定年齢55歳)の愛>
徒歩で北海道を歩いて野宿旅(無人駅で寝る)した時のこと。雨の中ズブ濡れになって歩いていました。食べるものもなく、ひもじい思いをしながら、歩く。しかし、ここは北海道のだだっ広い田舎道。コンビニもなく「うー、腹減ったよう。カツ丼大盛り食いたいなー」などと歩いていたら、改修中っぽい建物を発見。外にはやる気のない文字で「そば」の文字が。
雨は激しさを増し、横を猛スピードで走る車から上がる飛沫で、ほぼ風呂上りかと思うような濡れ鼠状態。ここは雨が小降りになることを祈ってそばを食おう。そうして店の中に入る。店は暖かく冷え切った体には非常にありがたい。そして注文を聞かれ、当たり前のごとく「かけそば」を頼む。たしか200円ぐらいだったのではないだろうか。とにかく暖かいものが食いたい。まもなく、おばちゃんが運んでくる。
ん?かき揚が乗っているぞ。量もすごい。それにそばではなく何故かうどんだ。「あのー、僕はかけそばを頼んだのですが」といったら、おばちゃんはにっこり微笑み「かけそばの値段でいいから」といって忙しそうでもないのに厨房へ入っていった。
L・O・V・E。これぞ愛じゃないかと思う。「うおーっ!おばちゃん好きだー(心の叫び)」もしおばちゃんが30歳若かったら間違いなく俺は恋に落ちただろう。俺は大盛りの天ぷらうどんをつゆまで飲み干し(愛を1滴残らず受け取り)、200円を払って店を出た。外の雨は小降りになっていた。 体だけでなく、心まで温まり、歩いては遠くなるそば屋を俺は何度も振り返った。

(北海道在住・KSさん)


[最関連記事]原稿を書きたくて書きたくて仕方ないみなさまへ →
4号、作りはじめます。 だいたい今まで、作りはじめようと思い立ちだらだらすること2ヶ月、 あわてること10日間で『野宿野郎』は完成しております。 その計算でいきますと、いまから始めれば、まあ1月にはできあがることでしょう。 原稿の締め切りはひとまず12月末日と...

▼その他の関連記事
原稿を書きたくて書きたくて仕方ないみなさまへ
4号、作りはじめます。 だいたい今まで、作りはじめようと思い立ちだらだらすること2ヶ月、 あわてること10日間で『野宿野郎』は完成しております。 その計算でいきますと、いまから始めれば、まあ1月にはで...

曲をつくりたくてつくりたくて仕方ないみなさまへ
4号の製作はただいま牛の歩みで進行中です。 昨日、「野宿LOVE」をテーマにラップの作詞・歌唱をしてくれる 野宿界期待の新人ラッパーさんが現れました。 つきましては、その詩に曲をつけることができるラッ...

これも愛それも愛みんな愛 その2
つづき <ケースその2  喫茶店のお姉さん(推定30歳・人妻)の愛> 同じく野宿旅のこと。足をくじいて、ビッコを引きながら歩いて着いたのは道東、オホーツク海に面した釧網本線の某駅。ここは無人駅だ。今日...

これも愛それも愛みんな愛 その3
現在、牛の歩みで製作中の4号ですが、その特集のようなもの「野宿LOVE」に絡んで、3号で大募集した「野宿合コン参加者さん」に、「自分は野宿や放浪好きの異性とでないとまともにお付き合いができないと悟りま...

嗚呼よかった。4号、出来ました。
4号、やっとこさ出来ました。 というお知らせも遅れ気味の今日この頃です。 かなりの難産だったこの4号、 前号から8ページ増量で100円の値上がりという、 かなり強気のお値段なわけですが、 今号のお題の...

愛がなんだ。5号作り始めます、のお知らせ
4号完成後も、特集のようなもの「野宿LOVE」に囚われ、 「野宿デート、野宿デート」と言い続けて、はや数ヶ月。 異性と一対一の野宿(=野宿デート)をすべく、 強引なお誘い、強引な野宿行動に走っていた訳...

←曲をつくりたくてつくりたくて仕方…
曲をつくりたくてつくりたくて仕方ないみなさまへ
4号の製作はただいま牛の歩みで進行中です。 昨日、「野宿LOVE」をテーマにラップの作詞・歌唱をしてくれる 野宿界期待の新人ラッパーさんが現れました。 つきましては、その詩に曲をつけることができるラッ...
|
| これも愛それも愛みんな愛 その2→
これも愛それも愛みんな愛 その2
つづき <ケースその2  喫茶店のお姉さん(推定30歳・人妻)の愛> 同じく野宿旅のこと。足をくじいて、ビッコを引きながら歩いて着いたのは道東、オホーツク海に面した釧網本線の某駅。ここは無人駅だ。今日...

 名前:   メールアドレス(非公開)
 ウェブ:
     
      画像の半角英数字を入力して投稿してください。




 


ホームページ
野宿野郎 もくじ | 取扱店 | あゆみ | 会社案内 |
ノジュスタグラム | アクセス状況
野宿野郎アンケート
メール送信
野宿野郎インターネット直売所
野宿野郎なう | 野宿ニュース | 野宿野郎ニュース
オフィシャル公式マップ | マップログ
すばらしき野宿野郎リンク
野宿野郎ウェブログ
サイトマップ…
これも愛それも愛みんな愛 その1
 └ 投稿者:かとう - 2005.11.23