人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは個別記事のページです]
2008.01.07
新春焚火花火野宿新年会

 野宿新年会も今年で三回目。今回の会場は一回目とほぼ同じ稲城市の多摩川川原。
 前回は薪がほとんどなくて会場の変更を余儀なくされたのだが、去年の大雨の際の増水でかなりたくさんの流木が残っており、再び同じところへ戻ってきた。
 日没時からのスタート。スターティングメンバーは自分を含め三名。うち一名は6号寄稿予定者のYさん。彼は大阪在住でこの日このために青春十八切符を利用しての上京したとのこと。
 薪を集め点火、よく乾いている流木で一発点火。ぼちぼち人が集まりはじめる。
 この日はかなり暖かく、薪などを拾い集めて歩き回った後に焚火の周りにいると汗ばむほどで、今晩の野宿は今までで一番楽勝なのではないかと思ったりした。
 焚火料理をして、食す。まずは焼きマシュマロ、焼きウィンナー、焼きおにぎりなど。
 今回のぼくが用意したのは、タンドリチキン(カレー粉などのスパイスが足らなかったかな?)、スペアリブ(ちょっと漬け込みすぎ?)、鮭とキノコとアスパラといものホイル焼き(まずまず)、ウィンナーの四種。いつもの手作りバーベキューグリルも利用する。
 あとは缶詰めを温めたり、焼きバナナをしたり、それぞれ持ち寄った料理を食した。
 この日は偶然、初代のじゅキングFさんの誕生日だったのでケーキでお祝い。
 さすがに深夜をすぎると寒くなってきて、半日ちかく焚火を続けたあと就寝。
 この新年会には毎年装備なしで寒中野宿に挑戦する無謀なひとがいて、今回は大阪からきたYさん。薄い寝袋のみ持参でやってきて、当然眠れないので、他の参加者が寝ている間に始発あたりで離脱、再び青春十八切符で大阪に戻ったようです(ご苦労様でした)。
 ぼくは日の出あたりで起床。気温はマイナス5度。装備に付いた夜露は霜に変わり、霜柱が立ち、川面からは霧が立ちのぼっていました。
 焚火を再び小さく点火。大将氏が田舎から持ってきてくれた豆もちをまだまだ熱を持っている熾火で焼いて食べました。外はかりかり、中はモチモチ(もちだから)。ほかの人のお土産のわさび漬けがよく合いました。今回のぼくのベスト焚火料理はこれ。
 今年の参加者は前回よりも少なく11人、うち野宿者9人、うち装備なし1人。


一発点火


最初はけっこう暖かかった


やっぱりだんだん寒くなる


霧の多摩川


霜つく寝袋、凍る地面


[最関連記事]ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。 →
 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4人でスタート。分かりにくいロケーションですが、ぼちぼちと参加者が自力でたどりつく。今回は迷ってたどり...

▼その他の関連記事
ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。
 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4人でスタート。分かりにくいロケーションで...

ゆく年くる年忘新年会野宿
今年も大晦日に多摩川でやる予定。 参加希望者は連絡ください。 ...

大晦日の野宿、焚き火野宿にする、のお知らせ。(ひとまず)
ええっと、明後日の大晦日ゆく年くる年野宿、えいやっと「焚き火野宿」にする。 で、場所はここらへんにいたします。↓ http://maps.google.co.jp/maps?q=35.643556,1...

寒中ゆく年くる年カウントダウン焚き火花火野宿忘新年会
 夜7時頃、会場の川原へ。  すでにお二人の参加者がきていて合流。薪を集めて点火。  天気は晴天、気温はやや低め。風も弱く、焚き火日和。  一発で着火はしたが、火の勢いはそれほど強くない。  駅から徒...

寒中野宿忘新年会のお知らせ
年末年始恒例の寒中野宿忘新年会を、今シーズンは大晦日の夜から行う予定です。 場所は多摩川川原。 参加に興味のある方はまずは「メール送信」のページからメールを送ってください。 前の週くらいになったら詳細...

新春寒中焚き火新年会野宿(散会編)
 結局、「死の彷徨者」2名を出しつつも新年会は続き、参加者はのべ11人(だったかな)になった。  料理の基本はぶっこみフォイル焼きと鉄串による直火焙り焼き(キノコ、野菜、鮭、ホタテ、ソーセージ、肉、マ...

←テレビに出ます(出ました)
テレビに出ます(出ました)
「すでに『野宿野郎』を知っている人には告知せんでもよろしい!」という編集長のきついお達しにより、このサイトではたいした予告はしていませんでしたが、テレビに出ます(出ました)。  すでにいろいろなところ...
|
| BE-PAL 2008年2月号「リアル旅人図…→
BE-PAL 2008年2月号「リアル旅人図鑑」
 テレビにつづいて、小学館のアウトドア誌「BE-PAL」2008年2月号の連載「石田ゆうすけのリアル旅人図鑑」に編集長登場。カラー2ページ。  編集長の「守護星人」カネゴンがメディアに登場するのははじ...

今年も伝道師さんからのお誘いで参加させていただきました。とは言っても9時半頃に早々に退散しましたが・・・。
今年は風もないし暖かいから野宿も楽そう・・と思ってましたけど明け方はさすがに冷えたんですね。ご苦労様です。
去年は風があって煙をかなり浴びたから焚き火臭くなったんですが、今年はそれほどでもなかったです。
楽しいひと時をありがとうございましたぁ~。(^o^)丿
¡Hasta el año que viene!


あー、行きたかった。
ちなみにテレビは観ました。爆笑しました。がんばれかねごん。


ぴなおさん、新年会野宿皆勤賞三人のうちの一人だったのに〜。
残念なり。


ケーキとロウソクと歌唱、ありがとうございました。びっくりしました。思わず逃げました。でも嬉しかったです。
今後も編集長を見習ってこっそり精進いたします。


来年こそは!


懐中電灯と地図を忘れた私は不安な気持ちいっぱいで矢野口駅に着きましたが
女神のように現れた編集長と一緒に無事現地到着しました。
薪を拾うのも焚き火のそばにいるのも楽しかったです!!
伝道師さん色々とお世話になりありがとうございました。
そして焚き火とその周りに集まった人達に乾杯!!


新春に川原で焚き火をしながらの、バベキュー..
いいですね。賛歌したかったな~~。
僕も、アウトドアーでバーベキューが大好きです。
時々訪問させて頂きます。


 名前:   メールアドレス(非公開)
 ウェブ:
     
      画像の半角英数字を入力して投稿してください。




 


ホームページ
野宿野郎 もくじ | 取扱店 | あゆみ | 会社案内 |
ノジュスタグラム | アクセス状況
野宿野郎アンケート
メール送信
野宿野郎インターネット直売所
野宿野郎なう | 野宿ニュース | 野宿野郎ニュース
オフィシャル公式マップ | マップログ
すばらしき野宿野郎リンク
野宿野郎ウェブログ
サイトマップ…
新春焚火花火野宿新年会
 └ 投稿者:伝道師 - 2008.01.07
 └ コメント:伝道師さんとスペインつながりの友人さん - 2008.01.07
 └ コメント:にやぴなおさん - 2008.01.07
 └ コメント:伝道師さん - 2008.01.08
 └ コメント:わとそんさん - 2008.01.08
 └ コメント:にやぴなおさん - 2008.01.08
 └ コメント:れぃさん - 2008.01.09
 └ コメント:tygerさん - 2008.01.10