人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは個別記事のページです]
2008.02.07
営業野宿

 某マスコミの取材で野宿をしました。
 マスコミ取材のためなどの野宿を編集部では「営業野宿」と呼んでいます。
 野宿場所を決めるのにちょっとだけ手間取りました。野宿という行為の法律的社会的なビミョーな問題などで、これまでも何度か大手マスコミが取りあげてくれるという企画が頓挫しているのです。
 今回も問題の少ない場所ということで、最初は川原にしようということになっていたのですが、ちょうどいいタイミングでイベントスペースの企画レンタルなどをしている「領域探査デザイン」という団体から、築80年のボロいビルのスペースを貸すので野宿してみませんかという誘いを受け、渡りに船で取材前日に連絡を取り、あっという間にそこで取材をするということが決まりました。
 築80年のボロいビルというのは、九段下の靖国通り沿いにある九段下ビル。
 細長い三階建てのビルで、1階にはまだいくつかお店が入っているものの、上の階はほとんど空き家で崩壊寸前という感じ。共同トイレに共同の流し、風呂やシャワーの施設はなし。ひとけのない薄暗い通路は恐い映画を撮るのによさそう。
 貸してもらえるスペースは三階の東の端で小さく区切られた三つの部屋とテラスがありました。まあ、テラスというよりは張りだした二階の屋上に出られるという感じで、柵も付いていません。この張り出し部分で寝れば多少は野宿っぽいかなということに。
 鍋をしながら取材を受け、取材記者、スペースを貸してくれた方ともいっしょに野宿(?)しました。詳細はまた後日(お蔵入りしなければ)。




[最関連記事]「九段下テラス」野宿の報告がアップされてます、のお知らせ。 →
2月に領域探査デザインのスバラシイSさんに 「九段下テラス」へお招きいただいて、お招かれ野宿した時のことを、 検証結果報告にまとめていただいちゃいました。 題名は「野宿野郎、テラスの寝心地を試す。」。 すごいぞっ。試しちゃった。 建物にお招きいただいて寝ること...

▼その他の関連記事
「九段下テラス」野宿の報告がアップされてます、のお知らせ。
2月に領域探査デザインのスバラシイSさんに 「九段下テラス」へお招きいただいて、お招かれ野宿した時のことを、 検証結果報告にまとめていただいちゃいました。 題名は「野宿野郎、テラスの寝心地を試す。」。...

営業野宿やりました、記事載りました。
 場所は営業発注元の都合で八王子、下見なし。ちょっと不安。  駅で取材の人たちと待ち合わせて、出発。  前日降った雪はやはり町より多かったのか、まだ日陰にはかなり残っていた。  グーグルマップで目星を...

サンケイエクスプレス 2012年7月16日
 なんだか首都圏や近畿圏あたりでしか売っていないらしい「SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)」。首都圏では駅でしか売っていない通勤者向けっぽいタブロイド判の新聞。昨日はじめて知りました...

スポーツ報知 2012年4月10日
スポーツ報知の2012年4月10日号22面の「北の衛星はりぼて」という記事の隣の「BOOKセレクト」という記事に「野宿もん」と編集長が取り上げられました。 サイン本プレゼントしています ...

読売新聞多摩版 2011.10.10
 去る10月10日の読売新聞多摩版の「たま人」という欄に編集長の記事が載りました。  縦6段(半ページ)横1/3ページ分くらいの大きさ。けっこう大きい。  取材は何カ月も前だったので、またボツか、お蔵...

共同通信社配信記事
 1月に共同通信社に取材を受けて、2月頭に配信になった記事は、2月中にいくつかの地方紙に掲載されたようです。ウェブログに寄せられたコメントやメールによると、「山梨日々新聞」「中国新聞」「京都新聞」と九...

←野宿野郎特約店・放浪書房さんから…
野宿野郎特約店・放浪書房さんからのお知らせでーす。
 毎度どーも。旅する本屋 「放浪書房」店主のとみーと申します。  千葉県で唯一の(だよね編集長?)「野宿野郎」取扱店となっております当店。黄色い表紙の5号でもチラッと駄文を載せてたりするので、ご存じの...
|
| 3号増刷完了、のお知らせ。→
3号増刷完了、のお知らせ。
えー、しばらく在庫切れだった3号が先ほど補充されました。 どんどんと増えてゆく段ボール箱。 歪む、床。 今回刷った分は、お得なことに遊び紙が1枚増ページされ、たいへん読みにくくなっています。 まー、と...

桃の節句の夕刊に掲載されました。


朝日新聞夕刊に載った翌日、その記事がテレビで取り上げられたとかいうのを聞きましたが、それはテレビ朝日の「やじうま」だったようです。今さらですが…。


"As long as I have a sleeping bag, I don't feel the need to go to an Internet cafe"
英字版にまで転載された記事の中の発言ですが、英語で改めて読むとこれって「どんなハイテク寝袋使ってんの?」って思われませんかね?


日本のネットカフェがインスタント・ホテルとして使われているっていう前提知識がないと、意味のわからない発言になっちゃいますね。これは翻訳者が註を付けるべき部分ですな。


英文の件、たしかにそう勘違いされそうですね。(ただし日本のネットカフェで寝た外人バックパッカーや、日本通の人ならわかるかもしれないけど)
世界を旅するといろんな国にインターネットカフェがあるけど、PCの無い人や旅行者が純粋にネットをやるためのところなので、こんな24時間営業しているのはないですね。治安上の意味でも。
だから日本のネットカフェってある意味特殊。

 名前:   メールアドレス(非公開)
 ウェブ:
     
      画像の半角英数字を入力して投稿してください。




 


ホームページ
野宿野郎 もくじ | 取扱店 | あゆみ | 会社案内 |
ノジュスタグラム | アクセス状況
野宿野郎アンケート
メール送信
野宿野郎インターネット直売所
野宿野郎なう | 野宿ニュース | 野宿野郎ニュース
オフィシャル公式マップ | マップログ
すばらしき野宿野郎リンク
野宿野郎ウェブログ
サイトマップ…
営業野宿
 └ 投稿者:伝道師 - 2008.02.07
 └ コメント:伝道師さん - 2008.03.03
 └ コメント:伝道師さん - 2008.04.07
 └ コメント:伝道師さん - 2008.04.08
 └ コメント:じんべさん - 2008.04.08
 └ コメント:アフロあきらさん - 2008.04.10