人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは月別保管庫のページです]
2009.01.01


 今年の野宿野郎は大晦日から川原へ繰り出し、野宿で新年を明けました(花火、もち、おいしくない年越そば付き)。
 野宿明けには初詣でに行って、世界の野宿野郎の人生がより低迷するようお願いしてきました。
 今年もよろしくお願いします。



▼関連記事
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。 「野宿野郎」編集部一同 ...

年越野宿やりました。
 年越野宿やりました。  お天気続きで乾いた流木がたくさん落ちていて、ほとんど無風で理想的なたき火野宿日和でした。  参加者は十名ちょっと。初めての方も数人いてうれしい限り。  無風なこともあり近年に...

年越し野宿やります(詳細決定)。
 詳細決まりました。  もちろん大晦日から元旦にかけてです。  今年はいまのところ、雨の心配はなさそうです。  参加希望者はメールアドレスを書いて参加表明メールをください(こちらから)。  詳細を折り...

年越し野宿やります(が、詳細未定)。
 今年もやる予定です。  いつものように大晦日から元旦にかけてです。  詳細は未定です。  都内でやるでしょう。  参加希望者はメールアドレスを書いて参加表明メールをください(こちらから)。  詳細が...

ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。
 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4人でスタート。分かりにくいロケーションで...

2009.01.02


 夜7時頃、会場の川原へ。
 すでにお二人の参加者がきていて合流。薪を集めて点火。
 天気は晴天、気温はやや低め。風も弱く、焚き火日和。
 一発で着火はしたが、火の勢いはそれほど強くない。
 駅から徒歩圏内の川原で、薪が無尽蔵に落ちていて、近くに人家の少ない、石がごろごろの川原でない野宿に適したところをみつけるのはけっこう大変で、今回も年末になってからなんとかトイレも水道もあるいいところをみつけたのだが、薪が伐採、剪定した枝で、2ヵ月ほどは経っていたようだが、まだからからに乾いているというわけではなく、それほど火の付きがよくなかった。
 そういえば、この焚き火野宿も今回で4回目だが、1回目と3回目は流木、枯れ木だったのでよく燃えた記憶がある。2回目と今回は剪定した枝でいまいちだった。といっても切りたての生木ではないので問題はなし。
 しばらくして、編集長登場。
 みなで持ち寄った、酒、もち、あんこ、マシュマロ、いも、鶏、そば、するめ、稲荷ずし、串カツなどを飲み、食う。さらに遅くなって数人合流。

 元旦へのカウントダウンは、おととしに買って、前回の焚き火野宿でも使ったあまりの一年半物の花火で祝いました。遠くの方でも数ヶ所(多分よみうりランドなど)われわれと呼応して打ち上げ花火が放たれていました。

 今回、はじめて大晦日から元旦にかけて野宿を敢行してみましたが、家庭の事情などで参加できない人が多く、一般参加の人を含め、参加者は10人でした。
 しかし、今回は仕事の都合で帰った1人以外は野宿に突入(毎回必ずいる装備なし参加者もあり)。野宿率は高く、しかもそのうち約半数の4人は女性という、近年にない女性率の高い野宿でした。
 この調子でいくと数年来懸案の企画である「ドキッ! 女だらけの野宿大会」の開催も夢ではないと思わせます(スポンサー募集中!)。

 元旦の朝も晴天で、早朝の気温はだいたいいつもと同じの氷点下3度ほど。富士山がびっくりするほどきれいに見えました。
 今年の野宿もこんなふうに天気に恵まれればよいなあ。






撮影:のじゅキングふじもとさん

▼関連記事
ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。
 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4人でスタート。分かりにくいロケーションで...

ゆく年くる年忘新年会野宿
今年も大晦日に多摩川でやる予定。 参加希望者は連絡ください。 ...

ゆく年くる年野宿のお知らせ
 12月31日 夜7時より。このへん(ケータイ)。...

年越野宿やりました。
 年越野宿やりました。  お天気続きで乾いた流木がたくさん落ちていて、ほとんど無風で理想的なたき火野宿日和でした。  参加者は十名ちょっと。初めての方も数人いてうれしい限り。  無風なこともあり近年に...

年越し野宿やります(詳細決定)。
 詳細決まりました。  もちろん大晦日から元旦にかけてです。  今年はいまのところ、雨の心配はなさそうです。  参加希望者はメールアドレスを書いて参加表明メールをください(こちらから)。  詳細を折り...

2009.01.08


「野宿野郎」取扱店の「旅する本屋 放浪書房」が、「野宿野郎」やほかのたくさんの旅の本を持って、現在、四国を放浪出店中です。
 その日、その日に、いい場所をさがして路上販売するので、詳しい場所は予告できませんが、高松(8日)、徳島(10日)、高知(11日)という予定のようです。
 詳しくは「放浪書房ウェブサイト」でどうぞ。



▼関連記事
祝「野宿野郎」四国上陸!
「野宿野郎」がついに海を越えました。  瀬戸内海を越えて四国に上陸。香川県高松市の「漂泊(ハク)」というお店に「野宿野郎」を置いてもらえることになりました。  旅をコンセプトとした雑貨・ステーショナリ...

[nNews]野宿ニュースフラッシュ 2010.08.10
新宿御苑前の名物書店「模索舎」が10月で創業40周年を迎える。60年安保後にマスコミに対抗して盛り上がったミニコミブームの一翼を担い、市民運動の情報交換の場ともなってきた。だが近年は活字離れやネット社...

広島で「野宿野郎」が買えます。
「野宿野郎」取扱店の放浪書房が広島県を放浪中です。  今日と明日(22〜23日)は広島県のどこかで開店中。 「野宿野郎」本誌も売っています。  中国地方には取扱店がないのでお近くの方は是非どうぞ。  ...

野宿野郎特約店・放浪書房さんからのお知らせでーす。
 毎度どーも。旅する本屋 「放浪書房」店主のとみーと申します。  千葉県で唯一の(だよね編集長?)「野宿野郎」取扱店となっております当店。黄色い表紙の5号でもチラッと駄文を載せてたりするので、ご存じの...

一箱委託・野宿な豆絵本
 野宿野郎取り扱い店・スバラシイ放浪書房のとみーさんは旅本を売るだけでなく、豆本まで作っているのでした。その名も「野宿な豆絵本」(900円)。一箱古本市で預かった豆本が2冊残ったので、ご紹介。  限定...

2009.01.16


ああ、年越し野宿のおかげでしょうか。
人生を正しくより低迷させられているのでしょうか。
お知らせも遅れがちな今日この頃。

えーっと、明日はペンギンです。
ペンギンファッションのひとはいいことがある日です。
しかし、ペンギンファッションってどんなんだらう。

毎度のとおり、野宿野郎は物販の名目で遊びに行くので、見かけたらどうぞよろしくです。


(物販係)


******************************************************

旅人の夜 第7夜「ペンギンに出会う旅」


 世界中飛び回るバックパッカーも、旅に憧れるパッカー予備軍も、
旅好きならだれでも大歓迎のトークショー&飲み会。

 真冬の第7夜は、かわいいペンギン写真であったかくなりましょう。

 パタゴニア、フォークランド諸島、はては南極大陸まで、
ペンギンを求めてどこまでも……。
カメラマン・鎌倉文也さんが撮りためたペンギン達を眺めつつ、
他人とはちょっと(かなり?)違ったエリアへの旅の話も
いろいろ語ってもらいます。

 当日限定の(ペンギン垂涎?)シーフードおつまみセット
「ペンギン・ピンチョス」や、スペシャルドリンクも登場予定。
乞うご期待!

 トークが終われば出演者もお客さんも関係なし、
交流自由の居酒屋スタイル。
旅の話をサカナに、朝までみんなで飲もう!

【出演】
鎌倉文也(ペンギン写真家)
片岡恭子(秘境者ライター)
今田 壮(LOFT BOOKS /『放浪宿ガイド』シリーズ編集)

※当日会場にて『ペンギン恋日和』『ペンギン☆ハッピー』
『ペンギン・ファミリー』など、ゲスト著作販売あり


【出店】
『旅行人』
人生をより低迷させる旅コミ誌『野宿野郎』
『中南米マガジン』
放浪書房
雑貨(World Junction )
旅の本屋 のまど

【日時/料金】
2009年1月17日(土)
OPEN 18:30 / START 19:30
入場1,300円+1drinkから(当日券のみ) 

※オープン時間より先着順の入場となります
※ゲスト著作を会場で購入または持参の方、
民族衣装かペンギンファッションでご来場の方は100円引


【場所】
阿佐ヶ谷ロフト A
電話:03-5929-3445
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16ーB1
JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分

▼関連記事
旅人の夜 第9夜 に出店します、もう明日なのだ、のお知らせ。
えっと、明日の夜、「旅人の夜」に出店します。 というか遊びにゆきます。カレー食べにゆきます。 お暇な方やカレーが好きな方はぜひぜひー。 (遊びにゆく係) ******************** 旅人...

旅人の夜 + 野宿やりました。
 10日、阿佐ケ谷のロフトAでイベント「旅人の夜 第8夜」が行われました。  第一部は、カベルナリア吉田さんが著書「1泊2日の小島旅」で訪れた印象的な島々をスライドとトークで紹介。  第二部は、「ニ...

イベント「旅人の夜」+ 野宿 のお知らせ
 旅人の夜、第8夜は、だいたんにも野宿野郎取扱店「旅する本屋 放浪書房」店主と「野宿野郎」編集長がゲスト出演。 「野宿野郎」本誌も物販予定。6号も放浪書房に在庫があるので持ってきてもらいます(残部些少...

旅人の夜 第6夜に物販、というか遊びに行きます、のお知らせ。 
 世界中をと飛び回るバックパッカーも、旅に憧れるパッカー予備軍も、 旅好きならだれでも大歓迎のトークショー&飲み会、第6夜。  エスニックな衣服に身を包めば、日常で旅気分が味わえる!?    前半...

今週土曜日、第14夜・旅人の夜に物販しに行きまーす、のお知らせ。
いつも物販というか遊びにお邪魔している、 阿佐ヶ谷ロフトの「旅人の夜」にまた、遊びにゆきます。 なんだか今回、面白そうです。 お暇な方はぜひぜひ。 というお知らせをしようとしたら、あんまりにものんびり...



1月16日発売の
『モノ・マガジン2-2特集号』(ワールドフォトプレス)
の特集「東京マニアック」の中で
ちょろっとかとうが「東京野宿のしかた」というページに出て書いているので、本屋さんで見かけたら読んでやってください。
いや、読まなくってもいいので、買ってください。


一緒に野宿してくださった編集者のスバラシイMさんは
『野宿野郎6号』とか『風呂なし野郎』とかにこっそり協力してくれている
とってもスバラシイMさんです。

頭が上がらないので、ここに、褒めたり、宣伝します。

一家に一冊、モノマガジン。

(褒め称えたり宣伝する係)


ちょっとわきが甘いかもしれない文章ですが、
どうかこちょこちょされませんように。
この世知辛いご時勢の中、楽しく野宿が続けられますように。
むーん。

▼関連記事
4号増刷しました、とほかもろもろ宣伝だ、のお知らせ。
●4号増刷しました。 品切れ中だった『野宿野郎4号』の増刷がめでたく完了いたしました。 思い立ったら吉日、お持ちでないひとはえいやっとお求めくださいー。 ●もろもろ宣伝だ。 3月に発売された 『別冊 ...

モノ・マガジン 2007年5月2日号 No.560
 本日発売のワールドフォトプレス社の「モノ・マガジン」No.560[特集]男なら、まず黙って一泊!「男の家出」に本誌が紹介され、本誌編集長インタビューが載っています。カラー1ページ。  ページ上の小さ...

散歩の達人 2013年8月号など
「散歩の達人」2013年8月号の「大特集 夏の東京さんぽ術100」に編集長(仮)が寄稿しています。 その29 夏の夜の都会 “野宿” 術 イラストも 文も写真も! なんとマルチな才能!  考える人の実...

こんにちは「本の雑誌」。
「本とも」が休刊し、悲しみに暮れ、毎夜枕を濡らしていたのもつかの間、「本の雑誌」9月号に本誌編集長の原稿が掲載されました。 「本の雑誌」とは、2009年2月号の柴口育子さんの連載に取り上げてもらった(...

ありがとう「本とも」。
 本誌編集長が野宿エッセイ「野宿女子」を連載していた徳間書店の文芸広報誌「本とも」が今月発行の9月号で「休刊」してしまいました。  これまで本誌編集長は、人生のみならず、連載していた雑誌の数々をも低迷...



今日、仕事の帰りがけに、本屋さんで、なんとはなしに
『本の雑誌 カンジキ夜歩き号』(本の雑誌社)
を立ち読みしていたら、
柴口育子さんが、連載の「ぐーたら雑誌中毒」で
『野宿野郎6号<未完成・穴あき版>』のことを取り上げて下さっており、びっくりしました。嬉しいなー。嬉しいなー。

おもに『野宿野郎6号』がいかにいい加減なミニコミか
ということをとくと書いて下さっているのですが、
とくに真っ白(穴あき)のページがあることに注目くださっています。

その真っ白のページは西牟田さんにさせてもらったインタビューを
載せるはずだったのに、わたしが落っことしたのです。
やさしい西牟田さんは笑って許してくれました。
その後すぐ書いて印刷するって云ったのにそのまま4か月がたっちゃっています。
そんな散々な目にあっているやさしい西牟田さんのお名前が
「ぐーたら雑誌中毒」には4回も出ていたので、これはプレゼントしなければと、
西牟田さんとじぶん用に2冊買って帰りました。

ほんとうにそろそろ頑張らないといけません。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。


ああ、しかし、本の雑誌さんに取り上げてもらえるなんて、
ほんとうにすごく嬉しいなー。

(嬉しくなって急にやる気が出てブログをたくさん書いた、このまま頑張れるのか、かとう)

▼関連記事
こんにちは「本の雑誌」。
「本とも」が休刊し、悲しみに暮れ、毎夜枕を濡らしていたのもつかの間、「本の雑誌」9月号に本誌編集長の原稿が掲載されました。 「本の雑誌」とは、2009年2月号の柴口育子さんの連載に取り上げてもらった(...

「本の雑誌」2009年5月 草むしり早弁号 No.311
 当初は先月の特集「いま雑誌がエライ!」に載るはずだったかもしれないのに、「エラくない」と判断されたためか次号送りにされ、本日ごろに発売の「本の雑誌」草むしり早弁号についに編集長登場です。 『「野宿野...

7号、始めました、のお知らせ。
すみません。 あったかくなったので、目が覚めてきました。 「野宿野郎 6号」を「野宿野郎 7号」に 変身させ増刷したので、販売開始いたします。 なにとぞなにとぞ、宜しくお願いいたします。 「7号」は「...

カルカルの野宿野郎の大忘年会アルバム
たいへんだー! カルカルさんでの忘年会、もう来週です、のお知らせ。はもう先々々週ぐらいです。 当日チャージ2100円…… なのにそこそこ入ってるお客さん。ちなみに予約は前日まで2人しか入ってなくて主催...

たいへんだー! カルカルさんでの忘年会、もう来週です、のお知らせ。 
たいへんだ、たいへんだ! あっという間に12月だよ~。 お台場の東京カルチャーカルチャーさんでやっていただく、 野宿野郎の大忘年会、もうすぐなのです。 12月4日(木) Open 18:30 Sta...

2009.01.19


 本日発売の「ジパングツーリング」3月号(もう3月号!)に「野宿野郎がジパングツーリングに1ページもらって好きにやる企画」第三回&最終回(予定)の編集長やっつけコラムが掲載されています。
 編集長がこの雑誌でモデルデビューを飾った後の一回目のコラムで、ぜんぜん乗ってないけどバイクの免許を持っているのですよと主張し、「だから仲間なんですよ〜」と訴えたのですが、それ以来、まったくバイクのこともツーリングのことも書かなかったので評判が悪いようです。
 連載すると雑誌がつぶれるので、「編集長の作品を読めるのは(野宿野郎以外では) ジャンプ ジパングツーリングだけ!」です。

▼関連記事
散歩の達人 2013年8月号など
「散歩の達人」2013年8月号の「大特集 夏の東京さんぽ術100」に編集長(仮)が寄稿しています。 その29 夏の夜の都会 “野宿” 術 イラストも 文も写真も! なんとマルチな才能!  考える人の実...

こんにちは「本の雑誌」。
「本とも」が休刊し、悲しみに暮れ、毎夜枕を濡らしていたのもつかの間、「本の雑誌」9月号に本誌編集長の原稿が掲載されました。 「本の雑誌」とは、2009年2月号の柴口育子さんの連載に取り上げてもらった(...

ありがとう「本とも」。
 本誌編集長が野宿エッセイ「野宿女子」を連載していた徳間書店の文芸広報誌「本とも」が今月発行の9月号で「休刊」してしまいました。  これまで本誌編集長は、人生のみならず、連載していた雑誌の数々をも低迷...

野宿野郎掲載雑誌大放出!
 新年、家の整理をしました。不用品をどっさり捨てることにしました。  でも野宿野郎を取り上げてくれた雑誌を捨てるのは惜しいなあ、という訳で放出します。  遠方の方は最低送料(メール便かゆうメール)は御...

「模索舎月報2009 10月号」に 「『野宿野郎7号』の宣伝文のようなもの」を載っけてもらいました、のお知らせ。
野宿野郎もお世話になっている自主流通出版取扱書店の模索舎さんの出されている「模索舎月報2009 10月号」に 「『野宿野郎7号』の宣伝文のようなもの」を載っけてもらいました。わーいわーい。 お手元にお...

2009.01.23


人生をより低迷させる09年を迎えるべく、
年越し焚き火野宿(08年12月31日~09年1月1日)に参加されたみなさまへ
落し物のお知らせです。

落し物係が落し物を預かっております。

じつは予想していた方のじゃなかったので、
落し物係は盗人係だったのかもしれない。
心当たりある方は訴えてきてください。

%E8%90%BD%E3%81%97%E7%89%A9
革の手袋の片っぽ(右)。

(落し物係あるいは盗人係)

▼関連記事
ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。
 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4人でスタート。分かりにくいロケーションで...

ゆく年くる年忘新年会野宿
今年も大晦日に多摩川でやる予定。 参加希望者は連絡ください。 ...

寒中ゆく年くる年カウントダウン焚き火花火野宿忘新年会
 夜7時頃、会場の川原へ。  すでにお二人の参加者がきていて合流。薪を集めて点火。  天気は晴天、気温はやや低め。風も弱く、焚き火日和。  一発で着火はしたが、火の勢いはそれほど強くない。  駅から徒...

ゆく年くる年野宿のお知らせ
 12月31日 夜7時より。このへん(ケータイ)。...

年越野宿やりました。
 年越野宿やりました。  お天気続きで乾いた流木がたくさん落ちていて、ほとんど無風で理想的なたき火野宿日和でした。  参加者は十名ちょっと。初めての方も数人いてうれしい限り。  無風なこともあり近年に...

2009.01.25


あのー、とっても嬉しいことに
真夜中 No.4 2009 Early Spring』(リトルモア
にかとうがちょこっと文章を載せてもらったので、
本屋さんでお見かけの方はどうぞ読んでやってください。

緊張しちゃった…。

(どぎまぎ、かとう)

▼関連記事
散歩の達人 2013年8月号など
「散歩の達人」2013年8月号の「大特集 夏の東京さんぽ術100」に編集長(仮)が寄稿しています。 その29 夏の夜の都会 “野宿” 術 イラストも 文も写真も! なんとマルチな才能!  考える人の実...

こんにちは「本の雑誌」。
「本とも」が休刊し、悲しみに暮れ、毎夜枕を濡らしていたのもつかの間、「本の雑誌」9月号に本誌編集長の原稿が掲載されました。 「本の雑誌」とは、2009年2月号の柴口育子さんの連載に取り上げてもらった(...

ありがとう「本とも」。
 本誌編集長が野宿エッセイ「野宿女子」を連載していた徳間書店の文芸広報誌「本とも」が今月発行の9月号で「休刊」してしまいました。  これまで本誌編集長は、人生のみならず、連載していた雑誌の数々をも低迷...

野宿野郎掲載雑誌大放出!
 新年、家の整理をしました。不用品をどっさり捨てることにしました。  でも野宿野郎を取り上げてくれた雑誌を捨てるのは惜しいなあ、という訳で放出します。  遠方の方は最低送料(メール便かゆうメール)は御...

「模索舎月報2009 10月号」に 「『野宿野郎7号』の宣伝文のようなもの」を載っけてもらいました、のお知らせ。
野宿野郎もお世話になっている自主流通出版取扱書店の模索舎さんの出されている「模索舎月報2009 10月号」に 「『野宿野郎7号』の宣伝文のようなもの」を載っけてもらいました。わーいわーい。 お手元にお...

2009.01.28


 野宿野郎図工部の部活動として部員が集まり缶バッジを作りました。
 作品の一部はイベントなどの物品販売の際に本誌と一緒に並ぶかもしれません。



▼関連記事
「梁塵秘聖 〜エピファネイア〜 vol.1」とその他のお知らせ
 11月4日から7日まで行われる千葉ウエストビレッジ文化祭で「梁塵秘聖〜エピファネイア〜vol.1」という展覧会があります。  野宿野郎から図工部部長の彫刻家、緒方敏明さんが出展します。彫刻作品ととも...

創刊三周年記念企画(その1)インターネット直売所に新商品投入
 創刊三周年記念と、5号が出て10ヶ月以上が経ち6号の形も見えてこないためすっかり売り上げの落ちた通販部門をてこ入れするために、新商品を投入します。  賢明なる皆さまならもうお分かりでしょう。熱に浮か...

今年の秋 突然に…、缶バッジ熱高まる。
 突然、缶バッジ熱が高まっている今日この頃なのです。  去年、オーダーメイドで野宿野郎シャチハタゴム印を作ったので(編集部から送られるものに捺されていたりします。サイト上部のタイトルの右の丸いデザイン...

野宿野郎缶バッジ販売再開
 だいぶ前、缶バッジを販売していたことがあるのですが、通販係がめんどくさいと文句ばかりいうので短期間で終了してしまいました。  でも販売再開します。文句ばかりいう通販係を通さずに。  今回は「オリジナ...

宣伝タ〜イム!
「野宿野郎」編集長(仮)著「野宿入門 ちょっと自由になる生き方」が文庫本になりました。  さらにお求めやすい価格で、コンパクトで野宿にも持っていきやすくなりました。  老眼のひとでも読みやすい。書き下...


←2008年12月 | | 2009年02月→


2009年01月
       

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31



ホームページ
野宿野郎 もくじ | 取扱店 | あゆみ | 会社案内 |
ノジュスタグラム | アクセス状況
野宿野郎アンケート
メール送信
野宿野郎インターネット直売所
野宿野郎なう | 野宿ニュース | 野宿野郎ニュース
オフィシャル公式マップ | マップログ
すばらしき野宿野郎リンク
野宿野郎ウェブログ
サイトマップ…