人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは検索のページです]




タグ「焚き火」が指定されているエントリー

ゆく年くる年忘新年会野宿、やりました。

 大晦日、日本各地は雪が降ったり大荒れの中、東京は晴天に恵まれ、危惧していた強風が吹く様子もなく、ゆく年くる年忘新年会野宿を始めることができました。  夕方、4…


ゆく年くる年忘新年会野宿

今年も大晦日に多摩川でやる予定。 参加希望者は連絡ください。 …


遅まきながら、のおしらせ。

遅まきながら、2010年、おめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 ええっと、さらに遅まきながら、おかげさまでぶじ、スバラシイ年越し野宿ができま…


大晦日の野宿、焚き火野宿にする、のお知らせ。(ひとまず)

ええっと、明後日の大晦日ゆく年くる年野宿、えいやっと「焚き火野宿」にする。 で、場所はここらへんにいたします。↓ http://maps.google.co.j…


遅まきながら落し物、のお知らせ。

人生をより低迷させる09年を迎えるべく、 年越し焚き火野宿(08年12月31日~09年1月1日)に参加されたみなさまへ 落し物のお知らせです。 落し物係が落し物…


寒中ゆく年くる年カウントダウン焚き火花火野宿忘新年会

 夜7時頃、会場の川原へ。  すでにお二人の参加者がきていて合流。薪を集めて点火。  天気は晴天、気温はやや低め。風も弱く、焚き火日和。  一発で着火はしたが、…


ゆく年くる年野宿のお知らせ

 12月31日 夜7時より。このへん(ケータイ)。…


寒中野宿忘新年会のお知らせ

年末年始恒例の寒中野宿忘新年会を、今シーズンは大晦日の夜から行う予定です。 場所は多摩川川原。 参加に興味のある方はまずは「メール送信」のページからメールを送っ…


あのー、唐突ですが『週刊大衆シャイ!』さんはスバラシイ雑誌さんです。もろもろのお知らせ。

◆あのー、まったくもって唐突ですが、『週刊大衆シャイ!』さんはスバラシイ雑誌さんです。 「シャイ!」なのもすごいですが、創刊号で石原たきびさんと「焚き火野宿」、…


新春焚火花火野宿新年会

 野宿新年会も今年で三回目。今回の会場は一回目とほぼ同じ稲城市の多摩川川原。  前回は薪がほとんどなくて会場の変更を余儀なくされたのだが、去年の大雨の際の増水で…


『BE-PAL 3月号』に。

あのー、2月10日発売の『BE-PAL 3月号』の 特集「焚き火レストランへようこそ」の中(P41)に野宿野郎がちょろっと載ってるみたいです。 というか載ってる…


新春寒中焚き火新年会野宿(散会編)

 結局、「死の彷徨者」2名を出しつつも新年会は続き、参加者はのべ11人(だったかな)になった。  料理の基本はぶっこみフォイル焼きと鉄串による直火焙り焼き(キノ…


新春寒中焚き火新年会野宿(彷徨編)

 その後も、なんとか自力で会場にたどりつく参加者たちが現れたが、やはり例外なく多少は道に迷っていた。ただでさえ分かりにくいのに、日が沈んで暗くなってしまうと川原…


新春寒中焚き火新年会野宿(点火編)

 会場に着くと、ゴルフを練習しているおっさんが一人いたが、もう日暮れ時であったので、すぐにいなくなり、まわりは我々だけになった。会場である多摩川川原の周りにはほ…


新春寒中焚き火新年会野宿(集合編)

 1月13日(土)、都内某所の多摩川川原で新春寒中焚き火新年会野宿が行われた。  この「野宿野郎」オフィシャル公式行事は、この前の週の6日(土)に計画されていた…


寒中焚き火なし5号完成記念闇鍋野宿

 1月6日、毎年恒例の寒中焚き火新年会野宿(前回の様子)が雨のために中止(延期)になりました。  すると、「このために仕事空けたのにどうしてくれるんじゃー!」と…


ドキッ! 新春寒中焚き火新年会(4)

 夜も更け、一段落すると皆帰っていった。二次会に参加しない人たちは。  この野宿野郎主催の焚き火新年会の二次会は、もちろん焚き火野宿大会なのである。だからわざわ…


ドキッ! 新春寒中焚き火新年会(3)

 参加メンバーは「野宿野郎」編集長を中心に、「野宿野郎」をあつかう本屋さん、ミニコミ誌編集長仲間、大学の同窓生、「野宿野郎」寄稿者、伝道師の旅の知り合い関係など…


ドキッ! 新春寒中焚き火新年会(2)

 集合時間は午後2時〜3時としたので、2時前に現地へ。  テントや炭、自作バーベキューグリル、寝袋、毛布、マットなどをかつぐと結構な量で、現地に徒歩で向っていた…


ドキッ! 新春寒中焚き火新年会(1)

 1月7日土曜日、去年から計画していた焚き火新年会の日がついにきた。  場所は多摩川の某所に決めていたが、心配だったのがやはり天気のこと。当然雨ではできないし、…


多摩川焚き火場さがし その1の追加訂正

 その1にちょっと追加と訂正を。  多摩川原橋の川原が土と書いたが、昼間にもう一度見に行ったら、グラウンドの近くは砂地、他は石だった。(伝道師) …


多摩川焚き火場さがし その1

 焚き火大会の計画をしていて多摩川にいいところはないかとさがしている。  薪が落ちていて、広い場所があって、うっとうしいBBQ人などがいなくて、灰が飛んでくると…