人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」のウェブログです。
[ここは検索のページです]




タグ「野宿グッズ」が指定されているエントリー

[公開調査]謎のマットレス

少し前、サーマレストのマットをけっこう持っているという記事を書きました。   マットいろいろ [野宿野郎ウェブログ]   先日また中古マットを落札したのですが、…


マットいろいろ

特に集めるつもりもなかったのですが、ちょっとたまったアウトドア用マットレス。 最初に買ったのはサーマレストのリッジレスト(写真右から二番目。緑色。現行品は銀マッ…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(長めに走って充電してみる)

自転車を走らせハブダイナモで発電し、その電気でUSB機器を充電する変換装置を作った(前振りから読む)ので、ちょっと長めの距離を走り、どれくらいアイフォンが充電で…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(弐號機完成)

終わったかと見せかけて、自転車発電USB給電装置、もう一個作りたくなった。 もっと簡単にさらに安く作れそうなアイデアが浮かんだ。 今度はささっと一回で済ませます…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(充電する)

手作り自転車USB給電装置は動くのか。 まずはテスト。回路ができた段階でテストしてみた。 おさらいするとハブダイナモからは時速15キロほどで走ったときに交流6ボ…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(自作する)

自転車発電USB給電装置、もう自分で作っちゃうよ! 作り方は以下のサイトを参照しました。詳しくはそちらをどうぞ。 DIY hub dynamo usb char…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(奮起する)

ハブダイナモ電源の変換装置の入手に失敗した。 その気になっているのに部品を一ヶ月も待っていられない。 一旦ケチのついた製品をずっと待って買うのは嫌だと思っていろ…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(挫折する)

自転車でスマートフォンなどのUSB機器を充電する製品はいまではけっこういろいろ出ている。自転車の車輪の回転を利用して発電し、その電気を回路を通して変換しUSB端…


自転車野宿野郎の夢はかなうか。(前振り)

自転車発電の記事をこのサイトで書いたのはもう6年近く前のことになる。 バイオロジックのリーチャージという自転車USB給電装置だ。 自転車野宿野郎に夢のデバイス登…


アルミ缶アルコールストーヴ用の新しい五徳を作る。

数日、徒歩野宿旅に行ってきた。 当然荷物は軽くしていくつもりで用意したが、出発直前にまだ重すぎると思ってガスストーヴをやめて、以前作ってたいして活躍していなかっ…


電気鍋は野宿野郎の夢をまだ見るか

 だいぶ前、鍋で発電する電気鍋を紹介したことがあったが([nNews]電気鍋は野宿野郎の夢をみるか。)、まさかの第二弾、追従商品が現れた。  バイオライト・ケト…


黒寝袋団結成!

 黒い寝袋を買いました。  編集長はさすが編集長だけあっていろんなメーカーのいろんな寝袋を持っているのですが、ウェブ担当下働きのぼくは無名メーカーの夏用ダウンと…


100円野宿グッズ(じょうごとコップ)

 朝起きる。今日も天気がいい。ストーブでお湯を沸かし、お茶を作る。  朝食を食べ、残ったお茶を水筒に入れる。  ヤカンで沸かしたお茶なら、水筒に移すのも簡単だが…


野宿旅のときの洗濯はああしてみよう。

 だいぶ昔カナダを自転車とかで旅行しているときに会った旅人が「これいいだろう」とバケツを見せてくれた。  たためばペタンコになる、持ち手がついてて水をためて持ち…


[nNews]電気鍋は野宿野郎の夢をみるか。

産総研発のベンチャー企業TESニューエナジーが、 料理や湯沸しでUSB充電ができる「世界初の発電鍋」ヒートチャージャーHC-5を発表しました。USB+熱+食品と…


[nNews]おしっこができる(かもしれない)寝袋が!

「歩ける寝袋」といえばぜひ一度は着てみたいというか山の中で出会ってみたいこれが有名ですが、こちらの「Peak XV Down Suit」は、ダウンジャケットのボ…


野宿グッズを通販するの巻 その4(もっとマット)

 よって、寝るときに「まずなにかを下に敷く」というのは、野宿の基本中の基本なのです。「下に敷くモノ」をいかによいモノにできるかが、その日の野宿の「寝心地」を左右…


野宿グッズを通販するの巻 その3(さらにマット)

 そして都会の野宿では、草や土ではなく、コンクリートの上に寝ることが多いため、冷気による「底冷え」が深刻な問題なのです。唯一、暑いときには、ひんやりとして「意外…


野宿グッズを通販するの巻 その2(マット)

 野宿をはじめて行うひとがその重要性に気づかず、あまり注意を払わないモノに、「下に敷くモノ」があります。 「野宿入門」46ページ 下に敷くモノは重要である!  …


野宿グッズを通販するの巻 その1(コップ)

 野宿野郎共同で野宿グッズをいくつか通信販売で買うことに。  買ったものその1、GSIアウトドアズ社(米国)の Collapsible FairShare Mu…


アルミ缶アルコールストーブ、再び。

 再び作った。  サイズは小さいまま、もうちょっと燃焼時間を延ばそうと思った。目標は米とお湯を沸かせるだけの時間。  前回の一番小さいストーブは高さを低くしたた…


アルミ缶アルコールストーブ

 アルミ缶アルコールストーブを手作りできるというのはかなり前から知っていたのだが、手を出していなかった。  通販で物を買うついでに既製品のアルコールストーブを買…


野宿大師

「野宿」と付いたヤフーオークションの商品を検索して載せている「野宿なオークション」に時々気になるアイテムが。 「野宿大師 桧製仏像(ヒノキ) 4寸」  お遍路さ…


自転車野宿野郎に夢のデバイス登場か。

 これまでも長期連続野宿中の電気製品の電源・充電問題に付いては何度か話題にしてきました。[記事]  結局、太陽光発電機も手回し発電機もリーズナブルなもので使える…


なつやすみのこうさく「かとりせんこうのだい」

 野宿野郎のみなさまは蚊取り線香を使いますか。  携帯用の電子蚊取りですか。肌に塗る虫よけでしょうか。  ぼくは長期の野宿/テント旅の時は蚊取り線香を持っていき…


なつやすみのこうさく「ストーブのふうぼう」

 ストーブはあいかわらずカセットガスボンベのものを使っています。  編集長御用達のものだったのですが、まあ例によって編集長は自分のはぶっ壊したので、いまはアウト…


なつやすみのこうさく「テントのポールをなおす」

 テントのポールが折れている。  応急修理をしたままずっと使っている。  最初にポールが折れたときには途方に暮れてしまった。自転車旅行中の北海道の田舎だったし、…


ORIKASO(オリカソ)

 これまで自転車で野宿旅をするときにはいつもコップを持っていかなかった。  準備の時には用意したのだが、なるべく荷物を少なくしたいので最終的にはずしてしまった。…


女性用立ちショングッズ

 テレビ番組「東京マスメディア会議 2」で編集長が紹介した女性用立ちショングッズは、どうやら番組最初のつかみネタという大役をうまく果たしたようです。  編集長が…


[nNews]ガス再充填器具ネットで販売、「危険」と自粛要請

カセットコンロや、アウトドア用コンロなどで使われる簡易型の液化石油ガス(LPガス)容器に、ガスを再充填(じゅうてん)するための接続器具がインターネット上で販売・…


[nNews]携帯電話などを充電できるソーラーバッテリーの新製品

リンクスインターナショナルは29日、ソーラーパネルを搭載したモバイルバッテリー「SOLAR-FINE1500」を発表した。従来モデルの「SOLAR-FINE13…


スバラシイ野宿道具認定一号に「はかせ鍋」、認定される!

 先日、都内某所にて「スバラシイ野宿道具認定一号・はかせ鍋」の認定式が行われました。  某氏より認定申請をうけた、編集部内・スバラシイ野宿道具認定委員会では一ヶ…


野宿野郎グッズ:自家発電機(人力発電編)

 太陽電池は充電されるまでに時間がかかってまどろっこしい。必要なときにすぐ充電できるのはやはり人力だというわけで、次は人力で充電する方法を探った。  これも携帯…


野宿野郎グッズ:自家発電機(太陽電池編)

 旅を計画中だ。iPodを持っていきたいけど、野宿がちな旅になりそうなので頻繁に充電ができそうにない。充電するのに公共施設(駅、公衆トイレ、各種店舗など)のコン…


イワタニカセットガスジュニアバーナー

 特に使う予定もないのですが、インラインスケートを買おうと行った店でけっこう安かったのでイワタニカセットガスジュニアバーナーを買ってみました。日本ならどこでも安…


バーベキューグリル自作自炎 全部編

 ホームセンターをうろついていたらバーベキューグリルを売っていた。普段はこの手のものには興味がないので全くみていなかったが、焚き火コンロを自作したのと、焚き火大…


焚き火コンロ自作自炎 燃焼実験編

 さっそく燃やしてみる。  最初は外に持ち出して実験するつもりだったが、日が暮れて寒くなってしまったのでベランダで済ますことにする。枝を拾ってこなかったので、バ…


焚き火コンロ自作自炎 五徳製作編

 会社の昼休みに再びどこにでもあるプロの店「ダイソー」へ。3点のブツを買い足す。 「ザ・ヤスリ 組ヤスリ 19型丸」 「素材発信 缶工場1号」(蓋付き、直径10…


焚き火コンロ自作自炎 本体製作編

 さっそく500円玉で30万円貯まるスチール缶貯金箱を缶切で開ける。なんと30万円どころか1円も入っていない。  排水口の金属ネットをはめ込んでみたらぴったりだ…


焚き火コンロ自作自炎 設計・材料購入編

 既製品の焚き火コンロのことを紹介する際に、さんざん高いだの、安っぽいだの、作れそうだなどと文句をたれたので、買ってみる前にとりあえず作って試してみることにした…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その7)

 カナダのF. H Enterprises社のトレックストーヴは、これまで紹介した一部のなんだか安っぽい作りのコンロと違って、スマートな作りで物欲をそそります。…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その6)

 国産の焚き火コンロがもうひとつあったのでご紹介。  ホリデーロード社のコンパクトストーブVHSは組み立て式のコンロだ。なぜか日本のメーカーは分解・組み立て式が…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その5)

 では、簡単に手作りできないような焚き火コンロはないのか。  アメリカのZZ Manufacturing社のシェラストーヴはどうでしょう。モーター駆動の吸気ファ…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その4)

 スイスの焚き火コンロを紹介します。  Künzi Creative Conceptsという会社の製品、マジック・フレイムはコンパクトな焚き火コンロで折り畳み式…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その3)

 焚き火コンロの日本におけるスタンダードといえるのがユニフレーム社の「ネイチャーストーブ」だ(多分)。  国産なので、他の輸入品に比べて手に入りやすいし、安い。…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その2)

 前回は思いっきり話を脱線させましたが、本筋に戻します。  たき火コンロとは、木の枝などを燃やして料理をしたり、暖を取ったりするコンロ(ストーヴ)のことです。英…


野宿野郎グッズ:たき火コンロ(その1)

 今度はウッドバーニング・クックストーヴの記事を書こうと思っていろいろ調べていたのだが、前にもセルフインフレータブル・マットなどとカタカナをずらずら並べていたの…